MENU

アフターピルで避妊を確実に

 

 

最も効率の良い避妊方法というのは、やはりコンドームの使用です。
ただし、避妊というのはその他にも色々な方法が存在しています。

 

では避妊方法というのはどのようなものがあるのでしょうか。
コンドームの避妊というのは薄いゴム状の避妊具を使用して男性器にかぶせることによって精子を膣内に侵入させないようにするのです。

 

ただし、コンドームは着脱方法を間違ってしまうと、避妊の効果というのは低くなってしまうことがあります。

 

そしてピルもおすすめです。
避妊方法としても非常に高い避妊効果があるのですが、ホルモン薬を服用することによって排卵をコントロールし、受精卵が着床しないようにすることができるのです。

 

避妊率も非常に高いですし、女性が積極的に避妊することができるのです。
そしてアフターピルというものも存在しています。

 

このアフターピルというのは、膣内に精子が入り込んでしまったとしても、それを性行為後に着床を防ぐことができるのです。
万が一コンドームが破れてしまっていたり、避妊を効率よく行うことができない場合にはこのアフターピルを使用するというのがおすすめです。

 

望まない妊娠を防ぐために、そしてコンドーム等を使用した避妊の効果をさらに高くするためにも、このアフターピルというのは非常に効果的なんですよ。

 

 

アフターピルと生理不順

 

 

生理不順というのはどのようなことを言うのでしょうか。
この生理不順は周期が不安定であり、生理の量が少なかったり生理日数が少なかったり多すぎるということが挙げられます。

 

生理に関しての悩みというのは多岐に渡るのですが、生理不順は生理周期において異常が起きている状態を指します。
生理が来ないというのは何らかの病気が影響している可能性がありますし、少しだけ遅れているだけである可能性もあります。

 

しかし、やはり生理が遅れた時に最初に疑うことは妊娠をしている可能性についてです。
性交渉がある方で、生理が遅れているのであればまずは妊娠検査薬を使用して検査をしてみる必要があるでしょう。

 

そして性交渉が無かったり、検査薬の結果が陰性である場合には、ホルモンバランスが崩れてしまっていたり、更年期によって生理が不安定になってしまった、ということが考えられます。

 

このことからもやはり精神的なこと、そして肉体的なことが生理周期に対して非常に大きな影響を与えるというこが分かります。
妊娠をした可能性があるのであれば、アフターピルを服用する必要がありますし、妊娠の可能性がないのであればまずは心身ともに安定した状態を作り上げることが重要になるんですよ。

 

アフターピルで出血したらどうすれば良い?

 

 

アフターピルによって出血をしてしまった場合には、どのように判断すれば良いのでしょうか。
アフターピルというのは避妊せずに性交をした場合などに緊急手段の1つとして服用します。
72時間以内に避妊をすることができるのです。

 

性行為を行ってからできるだけ早く服用することで妊娠をしてしまうリスクを軽減できます。
では、このアフターピルを服用した後に出血をした場合にはどうすれば良いのでしょうか。

 

服用後すぐに出血した場合には子宮からの不正出血の可能性が高いです。
そして1週間後に出血した場合には生理の出血である可能性が高くなります。

 

では、アフターピルを服用してからどのくらいの期間で月経が来るのでしょうか。
平均すると服用後7日で生理が来ることが多いようです。

 

ただし、遅ければ2週間経過してから月経が来ることもあります。
月経が来るタイミングが遅いと焦ってしまう方もいると思いますが、焦る必要はありません。

 

アフターピルを服用してから月経の周期が変わることもあります。
しかし、月経をコントロールしたから当然のことではありますので、こちらも焦る必要はありませんよ。

 

アフターピルを服用してからは色々な変化が身体に起きますが、今なにが起きているのかを冷静に判断しましょう。

 

アフターピルは市販されている?

 

アフターピルは避妊薬のひとつで、避妊が失敗した時に使用される文字通りの緊急避妊方法です。性交後から72時間以内での服用で効果を発揮し、72時間以内でも早く服用すればそれだけ成功率も高まるとされています。アフターピルは配合された女性ホルモンによって、体内のホルモンバランスを大きく変化させ、排卵を抑制、遅延させて受精や着床を不可能な状態にします。コンドームなどの避妊具を使用していたが破れたなどのアクシデントや、レイプといった性犯罪に巻き込まれた女性に用いられます。中には性行時の雰囲気で避妊を忘れたといった人も多いのですが、その時に慌ててアフターピルを買いに行っても、市販されていないのでドラッグストアなどでは購入できません。アフターピルだけでなくピル全般に言えますが、これは医師の処方薬となっているので、購入するには婦人科などで検査を受ける必要があります。時間はそれほどかからずに購入できますが、保険が適用されない薬なので、全額自己負担での購入となっています。また、全ての婦人科が処方しているわけではないので、実際に処方されるか電話で確認しておきましょう。いつでも買いに行けるようにしておけば、避妊が失敗した際に慌てて病院を探す必要がなくなります。

 

アフターピル

 

更新履歴